top of page

徳島新聞に「口腔白板症」の記事が掲載されました

2024年1月14日徳島新聞「がん予防のススメ」のコーナーで可児耕一先生が「口腔白板症」について解説しました。

口腔白板症は口腔がんになる可能性のある病変です。口腔内科では組織の一部を採取し、がん化のリスクを調べています。歯肉や舌、頬粘膜などに拭ってもとれない白い病変がある場合は、かかりつけ歯科に相談の上、紹介状を持参し口腔内科を受診してください。



2024(令和6)年1月14日 

徳島新聞

bottom of page